トップ

ゆらぎ肌のスキンケア

季節の変わり目と敏感肌

季節性の敏感肌「ゆらぎ肌」とは?

季節の変わり目になると、お肌の調子が悪くなると感じている方は多いのではないでしょうか。このような状態は「ゆらぎ肌」と呼ばれ、一時的な敏感肌であると言えます。具体的な症状としては、肌が乾燥するもしくはべたつく、ニキビが出来る、いつもの化粧品に刺激を感じるなどです。敏感肌化粧品でお悩みならこちら。

特に冬から春に変わるころは、ゆらぎ肌になりやすい時期です。朝晩の気温差が激しく、花粉や黄砂も増え、紫外線量も真夏並みに多くなるなど、外的刺激がとても多いからです。また、環境の変化などでストレスがかかりやすい時期でもあります。

気温の変化やストレスで自律神経のバランスが乱れると、肌の働きが低下して、水分を保持する保水力や皮脂や汗を分泌する力も弱まります。肌は皮脂や汗から皮脂膜と呼ばれる保護膜を作り、様々な外的刺激から守っています。皮脂や汗の分泌量が減ると皮脂膜が作られにくくなるため、肌が敏感な状態になってしまいます。

春は高気圧と低気圧が交互にやってくるため、天気も変わりやすくなります。低気圧になると肌が皮脂や汗を出す力が弱まり、皮脂膜が作られにくくなります。すると角質層から水分が蒸発して乾燥し、痒みや赤みを引き起こすのです。気温が上昇すれば逆に皮脂の分泌が増えて、べたつきを感じることもあります。

皮脂膜には弱い紫外線防止効果もあります。皮膚の内部まで紫外線が届かないようにして、保水力の低下や角質層が脆くなるのを防ぎます。さらに抗菌効果も持っており、花粉や黄砂が直接肌に付いて、痒みの原因となるのを防止します。

ゆらぎ肌を改善するには、半身浴や運動などで汗を出し、皮脂膜が作られやすい状態を作ることです。角質の保護のため、セラミド入りの化粧品を使用するのも良い方法です。

秋も空気が一気に乾燥するため、肌がゆるぎやすい季節です。セラミドやヒアルロン酸入りの化粧品で、充分な保湿ケアを行うことが大切です。

Copyright © 季節の変わり目と敏感肌. All rights reserved.